Skip to content →

結婚調査で学歴・職歴詐称や借金、結婚詐欺師を見抜く

結婚調査とは

結婚調査は探偵事務所や興信所において古くからある調査項目で「結婚前調査」「縁談調査」等とも呼ばれていた事もあります。

もともと「結婚調査」というのは大正、昭和初期の富裕層においてお見合いする以前やお見合い後に取り交わした身上書の正確性の確認や、身上書では見えてこない「人となり」を知る上で調査を依頼してきた事から始まり、相手の両親ばかりではなく、時には仲人からも紹介する責任からか事前調査として依頼してくる事があったとされます。

その後、通常の恋愛においても結婚調査をする方が増えていきました。

ところが近年、携帯電話やメールの普及により余り交際相手を知らないまま安易に結婚を希望する若い人が増えてきており、両親など親族は慌てて結婚調査を依頼する人が増加してきました。

中には結婚相手の住所も知らなかった人もいたほどでずいぶんと世の中も変わってきました。

又、出会い系サイトや婚活サイト、婚活パーティーなどの出会いについては情報が多くなったものの、その自己申告する内容に虚偽や詐称、更にはもっと悪質に詐欺を目的に参加する人も増加してきており、結婚調査の必要性が再認識されてきています。

結婚詐欺事例

これからの人生を共にしようとするお相手を知る事は大事な事です。その意味でも結婚調査は重要なのです。

相手が信用できる人物かどうか。

重要な契約相手を調べるのと同様で、結婚においては必要ない、ということはないのです。

特に最近は個人情報云々で調査の難易度も上がってきますから、探偵という専門職に依頼することが再認識されているのです。

また、普段の行動や生活態度を調べるには尾行や張り込みの調査が必要になってきます。そこから知る新事実というのもきっとあるでしょう。

その新事実が結婚するかしないかの分かれ道になることは決して稀なことではないのです。

 

結婚調査における血縁調査

血縁調査とは結婚調査での一環として人生を共にする対象者の兄弟、姉妹について詳細に調べる調査です。

考え方としては対象者同様、両親以上に長い時間、何かと関係性が出てくる親戚筋になるのですから当然といえば当然の事だと思います。

勿論、ご両親の兄弟、姉妹いわゆるおじ、おば筋について調べる事も血縁調査となりますし、また、その子供達(従兄弟関係)に対しても同様に調査していきます。

この調査ではそれぞれの生活環境や人柄を重点的に調査することで、対象者やその両親からは見えてこない様々な事が判明する事もあります。

例えば、親戚筋に犯罪者や反社会勢力関係者がいた場合ではどうでしょう。

また想像以上の確執が生じている場合もあります。知らないで結婚後に知らされた衝撃は計り知れないと思いますが知った上で婚姻するのとは雲泥の差が出てきます。

結婚とは愛する者同士が結ばれる事が大前提ですが、家と家の交流も大事な一面です。

何も問題が無ければ良いのですが、もしも問題があった場合には知っておく事の大事さは必要と考えます。のちのちの後悔を生まないためのターニングポイントになるとも言えるのです。

幸せな日常生活を送るために必要となる調査と言えます。他人の人生ではなく、ご自身の人生に関わることと考えれば、モラルの問題など批判的にはたやすく考えられないことです。

自身の人生に関わる血縁調査は「事前に知るべき情報を得る」ための調査となります。どんな人生になっても耐えうる強靭な精神を持つ人なら話は別ですが、基本的に人は弱くて脆い存在ではないでしょうか?

身も蓋もない言い方になりますが、どうしても自己犠牲より保身を考えてしまう方は、結婚調査による事前の下調べをお勧めいたします。

有限な人生の大事に関わる調査項目ですので「多くの方は軽視せず向き合い調査する必要性」を感じられる調査が血縁調査とも言えるのです。

 

結婚調査の重要性

探偵事務所に依頼する調査の中で「結婚調査」が最近、再び見直されており、増加しているようです。

なぜ見直されているのか?

交際している相手と結婚を視野に入れて見返してみると、「相手について殆ど良く知らない」というケースの人が増えてきているのが実情です。

知り合うきっかけも出会い系サイトであったり、婚活サイトなどネット関係で出会う人が増えてきていたり、結婚相談所で紹介される人についても個人情報の観点から全てを把握するのが困難になってきた事などが原因と思われます。

昭和の時代以前は知人の紹介を通し仲人などが中間におり、お互いの情報の疎通が上手く機能していたのですが、最近は携帯電話やメールの普及により、個人個人で連絡を取り合い、家や勤務先に電話をする事も無くなってしまいました。

上っ面な情報だけで交際、結婚を考えてみたものの、相手について勤めている会社は知っていても行った事もないしどの程度の規模なのかも知らない。

両親や兄弟にも会った事がない。まして実家がどこかも知らない。など、相手についてよく知らないという人が増えてきており、ひどいケースだとあだ名や通称で本名は知らない、住んでいる住所も知らなくて深い交際へと発展している人もおり、携帯電話やメールのやり取りだけで何でも知っていると勘違いしている人もいます。

ある意味、インターネットや携帯電話の進歩、普及による弊害とも言えるかもしれません。

更に結婚というは個人個人が気に入ったからそれで結婚できると言うものではありません。相手の家族との付き合いも非常に大切な部分でもあります。

結婚対象者がどんなに素敵な人であっても、両親や兄弟にいろいろな問題があった場合、婚姻生活に支障をきたす場合も往々にして出てきます。

交際中にきちんと相手について知っておく。賢明な事です。

確かに現在、以前とは比べられない程に離婚率も増え、離婚自体に罪悪感も薄くなってきてはいます。

しかし、結婚したからには失敗はしたくなく、誰もが将来までも共にしたいと考えているはずです。

そんな相手が嘘をついているとは思いたくはないはずです。しかし、出合った時にいろいろと詐称してしまい、そのままその嘘を突き通していたり、大事な事までも隠し通そうという人もいるのです。

そういう人は結婚調査によって詐称やいろいろな事実が浮き彫りにされてきます。

もちろん、嘘や詐称の無い人もいます。しかし、それはそれでより一層の安心感を得られるはずです。

また最近は、インターネットを駆使した新たな結婚詐欺師も横行、特に命までを奪う様なケースもニュースで耳にします。危機管理の一貫としての結婚調査も増加しており、依頼件数が増えている一因かもしれません。

こういった状況、環境から結婚調査の重要性は見直され、増加してきているのです。

 

結婚調査の相談ならこちら