Skip to content →

結婚調査の重要性

結婚調査の重要性

何かと個人情報と騒がれ、相手についての事がなかなか簡単に調べられない現代、結婚調査の重要性が再認識されています。

学歴や職歴についても詐称している人が時々存在しています。自分を良く見られたいが為に騙すという罪の意識も薄く、平気で詐称する人がいるのが現実です。

確かに将来的に学歴が左右される事は多くないかもしれませんが、一生を共にしようとする相手に対して嘘を突き通す事そのものに問題があり、いざ別の問題が生じた時にも嘘をつく可能性の高い人物で性格的に問題のある人物と言わざるを得ません。

職歴においても同様に過去に転職していたとしても前の会社で問題を起こして解雇になったものか、スキルアップを目指し転職したのでは天と地ほどの大きな違いがあります。

また過去からの生活環境や生活状況を知る事も重要な事です。

例えば家賃を滞納していたとすると借金問題や生活設計の欠如が疑われ、異性関係の出入りが派手であったりすると素行面での不信感が湧き、近隣と騒音などのトラブルがあったというケースでは協調性の欠如や自己主張の強い性格の持ち主かもしれません。

時には警察に面倒を掛けた様な事も判明する事もあります。環境実態を知る事は人間性を知る上でとても大事な事であり、時には過去の異性関係においてDV問題や偏執的な癖も判明する事もあります。

更に対象者ばかりではなく、両親や兄弟など親族についてもある程度の情報を知っておくべきだと考えます。父親が莫大な借金を抱えていたとなると将来的に不安となる要素でもあります。

以前、解明した案件の一つに父親が経営していた会社が倒産してしまい、その一部の負債を息子である結婚相手が引き継ぎ、新婚生活を営む為に購入したマンションも売却する事となり、生活設計が根底から変わってしまったというケースもありました。また兄弟が暴力団であったり、過去に大きな事件を起こした犯罪者であったというケースもありました。

この様な親族がいた場合、承知して婚姻したとしても将来、子供の就職や結婚に影響する場合もあり、一生を託す配偶者を敢えて、この様な人物を選択する必要は無いとも思え、充分に考慮しなければならない情報と判断します。

以上の様に結婚調査の重要性が問われている昨今、安易に交際し婚姻するのではなく、充分に相手の事を知る必要が問われています。

相手の素性について調べること全般を闇雲に差別だと主張される方もいますが、このような結婚調査は決して差別に関わる調査では無く、結婚相手に関する確認調査、自身の保護を図るための調査として世間では再認識されています。

特に最近では婚活サイトや出会い系サイトを利用して知り合う事も多く、相手の素性がいい加減なケースが目立って増加しています。

のちのちに後悔せぬように事前に調べておくことも非常に大事なのではないでしょうか。

結婚調査が現代社会において再認識されてきている証かもしれません。実際に結婚してから後悔しても時すでに遅しということは決して珍しくはないのですから。

たとえとしては悪いかもしれませんが、目で見てさわって確かめた商品を購入するか、写真だけで見たネット使用品を購入するかの違いほどあるかもしれません。

その違いこそに重要な事が隠されているのです。その一手間をするか、しないかで大きな差が出てくるのです。

重大事については行動を起こさず思い悩むよりも、起こしてから考えた方が良くないでしょうか?

まず行動してみることによって、悩みから一歩前進できるということは少なくはないです。

露骨な言い方になってしまいますが、あとはそのお金を惜しむか惜しまないかの問題となってきます。